介護食コンサルタントは意味ない? 資格を仕事に活かす方法

介護食コンサルタント資格

介護職に活かせる知識が欲しい、大切な家族に栄養バランスのいい食事を作りたい人が取得を考える介護食コンサルタント資格。
介護食コンサルタントになって意味ある?無駄かどうか解説
この記事では介護食コンサルタントのメリットや資格を仕事に活かす方法を紹介します。

介護食コンサルタントの詳細はこちら
 

介護食コンサルタントは取得する意味アリ

介護食コンサルタントは超高齢社会に必要なスキルを獲得したい人にとって特に役立つ資格です。
同じように、介護職、大切な家族に悩む人の助けになります。取得しても無駄にはなりません。

それに、高齢者だけでなく幅広い世代に活かせる栄養学や食事バランスを学べる。これも大きな魅力です。

介護食コンサルタントは履歴書に書ける資格なのか?書き方は?

就活の履歴書などでも介護食コンサルタントに関連した業界であれば特にプラス評価になるでしょう。formie(フォーミー)が認定している資格なので履歴書に介護食コンサルタントと書けば資格取得をアピールできます。

もし直接関係してない業界だとしても、大切な家族、超高齢社会の知識やスキルアップに積極的な人だと伝わるでしょう。

仕事だけでなく、プライベートでも身近な人を介護し支えている方や介護食に興味がある方のプロフェッショナルとして活躍できるはずです。

資格取得して介護食コンサルタントになって、就活や転職・日々の生活に役立てていきましょう。
もしすぐに役に立たなくても長い目で見て必ず取ってよかった資格になりますよ。

介護食コンサルタントになれる通信講座はこちら

介護食コンサルタントをもう一度見てみる
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました